疲労回復力の高いテアニンの特徴

すべてのお茶に存在している成分です

睡眠サプリに配合されている成分と言えば、GABAなどが有名なのではないでしょうか。でも、安眠効果のある成分は他にもたくさんあります。茶葉の中に存在しているテアニンもその一つです。うまみ成分の一種で、同じく睡眠効果があることでも有名なグルタミン酸とよく似た構造をしています。お茶を飲んだ時にリラックスしてほっとした気持ちになりますが、それはこのテアニンの効果なのです。体の疲れを解消する効果もあるので、ぐっすり眠りながら体を回復させることができます。昔から日本人の間で飲まれてきたお茶由来の成分なので、サプリメントとして飲む時にどんな材料なのかよくわからないものが入っているのは不安だという人も、これなら安心して飲めるはずです。

眠りに入りやすい状態に脳を導く成分

睡眠サプリは、テアニンの持つリラックス作用を有効活用しています。眠らなくてはいけないのにもかかわらず、色々なことを考えてしまい、脳が興奮して眠れないという状態を経験したことのある人はかなり多いはずです。この時不眠状態に陥っている人は、どんどん時間が過ぎていくことに焦りを感じてしまいます。そのせいで余計に眠れなくなるという悪循環に陥りがちですが、テアニンが自律神経の働きを落ち着かせることで脳の興奮状態をしずめてくれるので、リラックスした気持ちで眠りに入ることができるのです。脳も身体も深く眠りに入ることが出来れば、睡眠の質も向上します。それだけではなく、テアニンを摂取すると脳にα波が出現するので、ストレスで眠れなくなった時にも効果的です。